地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市福島区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市福島区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市福島区

福島区の御朱印巡り

【玉川】野田恵美須神社

海から幸をもたらす、はるか昔より地域に愛されてきた神社。

野田恵美須神社の御朱印

とても静かで落ち着いた雰囲気。狛犬がお出迎え!

夏祭りは鯛鉾や山車が力強い声とともに町を巡ります!

玉川の住宅街に静かに佇む野田恵美須神社。

いつ頃創建されたのかは定かではありませんが、神社に保存されている御影石の建石には「永久三乙末年三月」(

平安時代末期の1115年)と刻まれています。

約900年前というはるか昔から福島区の人々を見守り支え続けてきた、とても歴史のある神社です。

 

えびす様と言って想像するのは片手に鯛を、もう片手には釣竿を持っている姿ではないでしょうか?

その通り、えびす様は漁業の神様。平安時代の福島区は大阪湾が深く入り込んでいて、多くの島々が点在しており、その島々が淀川の堆積作用により、だんだん陸続きとなり、今の地形になったと言われています。

この頃この地に初めて住み着いた漁民の一団が、自分たちの信仰する"えびすの大神”をお祀りしたのが恵美須神社の起源なのです。

 

そんな野田恵美須神社で行われる夏祭りは、海から幸をもたらす神様だけあって、大迫力の鯛鉾や太鼓、地車が町を駆け回り野田の夏を彩る一大イベントとして、多くの人に愛されています。

 

また、十日戎(宝の市大祭)は普段の静粛な雰囲気から一変、多くの方で賑わい、いかに永年地域に親しみ、人々の心のよりどころであるかが感じられます。

住所 大阪市福島区玉川4-1-1

電話

06-6441-7084

交通アクセス

JR環状線野田駅より徒歩6分

Osaka Metro千日前線玉川駅より徒歩約3分

阪神本線野田駅より徒歩約9分

御朱印代金

(初穂料)

300円ほど

※小銭を用意して社務所へ申し出てください

受付時間

拝観自由

※ご祈祷など、所用で社務所を不在にしている場合がございます。ご了承ください。

関連ページ 野田恵美須神社 公式HP

この記事に関するキーワード