地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、大阪市福島区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

大阪市福島区の地域情報サイト「まいぷれ」大阪市福島区

4月・10月は「犬・ねこを正しく飼う運動」強調月間です


マナーを守り、みんなが快適に暮らせる街づくりにご協力ください

世の中は動物の好きな人ばかりではありません。動物が多くの人々から愛され社会の中で共存できるように、守らなければならないことがたくさんあります。

適正飼養に努め、人も動物も幸せに暮らせるような社会をつくりましょう。

フンの後始末は必ずしましょう

フンの後始末は飼い主の責任です。必ず後始末をしましょう。また、フン・尿はできるだけ自宅で済ませた後、散歩に出かけるようにしつけましょう。

無責任な放し飼いはやめましょう

愛犬・愛猫を交通事故や虐待、感染症等から守るためにも、放し飼いはやめましょう。特に猫は、放し飼いにより、他人の家などをフン・尿等で汚したり、物を壊したりして、他人に迷惑をかけることもありますので、ぜひ室内で飼育しましょう。

犬の放し飼いは条例により禁止されていますので、絶対にしてはいけません。

公園など公共の場所ではリードを外さず、しっかり愛犬を制御してください。また、伸縮性のあるロングリードは、犬を制御しきれない場合があるうえ、伸長時にリードが見えにくくなり危険ですので、注意してください。

鳴き声や臭い等で周囲に迷惑をかけないようにしましょう

鳴き声は思っている以上に大きく、遠くまで響きます。また、匂いや不衛生な飼い方によるノミ・ダニの発生、抜け毛の不始末なども周囲に迷惑をかけ、犬や猫にもよくありません。適切にしつけと世話をすれば鳴き声などの問題行動もなくなります。きちんとしつけと世話をしましょう。

所有者がわかるように名札などをつけましょう

万が一逃げ出したり、災害などにより離れ離れになった場合に、名札やマイクロチップがとても役立ちます。

犬については鑑札と注射済票の装着が義務付けられています。名札の代わりにもなりますので必ず着けましょう。

不妊・去勢手術をしましょう

もらい手のない子犬・子猫を増やさないためにも、生まれてくる動物を育てる見込みがない場合は、不妊・去勢手術を受けさせてください。手術を受けることにより、健康面・行動面・性格面でもよい効果があると言われています。

愛情と責任をもって終生飼いましょう

犬や猫を捨てることは動物の愛護及び管理に関する法律に違反し、罰則が科せられます。

犬の登録、狂犬病予防注射は必ず受けましょう

犬の登録と狂犬病予防注射を受けること、並びに鑑札・注射済票を犬に着けておくことは、狂犬病予防法で義務付けられています。

終生1回の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を必ず受けましょう。

また、鑑札・注射済票は犬の名札代わりにもなります。迷子になっても番号から飼い主を探すことが可能ですので、必ず犬に着けましょう。

野良猫にエサを与える方へ

猫にエサを与えるだけで、与えたエサの後片付けをしない、ふんの後始末をしない、という苦情が寄せられています。野良猫にエサを与えるのであれば、周りの理解を得たうえで、不妊・去勢手術を行い、エサの片づけやふん尿の後始末をするなど、周りに迷惑をかけないよう責任をもって適切に世話をしましょう。

野良猫による問題解決を目指して「所有者不明猫適正管理推進事業」を実施しています

大阪市では、野良猫を原因とする生活環境被害や無責任な給餌行為による近隣トラブルなどの問題解決を図るために、地域の皆さんと行政が協働して取り組む「所有者不明猫適正管理推進事業」を実施しています。詳しくは所有者不明猫適正管理推進事業について(大阪市ホームページ)をごらんください。